USB リンクケーブル(+タブレット用 HUB )


Microsoft Excel も 最近は xls ファイルではなくて xlsx ファイルでもらうことが多い。 2013 とか新しいバージョンが PC に入っていれば良いんですが、古い Excel でもアドインのコンバーターでファイル変換してくれる。

USB LINK

しかし新しいバージョンの Excel では表のエリアが広がったりして警告のダイアログが出る。

USB LINK

256列・65536行を超えた表計算は扱ったことがないですが、ビッグデータを扱う今日では、Excel をデータベースプログラム並みに使っている場合があるかもしれない。

それで新しいバージョンの Excel で開いてみたいが、いちいちデスクトップに移動して見るのは面倒だし、そもそも近くに新しい Excel の入った PC が無い場合もある。

そこでどうするかと考えたら、Excel 2013 がプリインストールされている Windows10 の DELL Venue タブレットがあった。 これを PC とつなげば良いと考えた。 実際に Windows7 の ノートPC と タブレット をつないで使ったりしているし。

その場合に使っているのが『USB リンクケーブル』。 ずいぶん前からあるものです。 これが総称かは分からないが、英語では "Wormhole cable" などと呼ばれている。 「虫食い穴ケーブル」とかいうとバグみたいですが、"Wormhole" というのは「宇宙の時空をつなぐ穴」とも言い換えられるらしい。 つまり「PC 間をつなぐ穴」とでもいうんだろうか。 データのコピーだけはなく、一方のキーボードやマウスで他方の PC を操作できる。 つまりキーボードとかが無いタブレットとつなぐには最適なケーブル。

実際に Windows7 ノートPC と Windows7 タブレット をつないでいるのは、けっこう前に入手したこのケーブル。

USB LINK

既に「廃止」品となっていた。

今回は ノートPC と Venue タブレット 共に Windows10。 今のケーブルで使えるか使えるかメーカーサイトで調べる。。

使える!・・・と思ったが、よく見ると『KB-USB-LINK3』ではなくて『KB-USB-LINK3K』 末尾の『K』 が余計だった。

しかし試してみることにする。 まずは Windows10 のノートPC に挿してみたら、Smart Data Link が起動した。 メニューから『更新の確認』を実行してみた。

USB LINK

ダウンロードしている様子。

USB LINK

抜くなと注意されながらも

USB LINK

完了したようで、「抜いてまた挿せ」らしいことを命令される

USB LINK

最新のバージョンに更新された様子。

USB LINK

そのバージョン。

USB LINK

かんじんなのは、Windows10 ノートPC と Windows10 Venue タブレット でつながるかどうか。
KB-USB-LINK3 は、

  • マウスとキーボードは、ノートPC と タブレット間で移動できて使えた。
  • ノートPC からタブレットにコピー: コピーしたように見えるがファイルが無い。検索しても見つからない。
  • タブレットからにノートPCにコピー: コピーできた。
  • きっかけは分からないがリンクが切れる時があるような

深く考えず、すんなりあきらめる。 ダメだなあと思ったら、違うメーカーのものがあった。

それがこれ。

USB LINK

メーカーサイトにはあるが、多分ページが古そう。 しかも対応は Windows8 まで。

現行品はこの LINK X(LINK10)というもの。Windows10 対応。

ネット通販のサイトを見ると、「LINK10は以前のLINK8の後継モデルの位置となり、大きな違いはUSB3.0転送が標準になった事にございます」とある。 Windows10 対応が大きな違いに含まれないなら、前の LINK8 も Windows10 で使えるのでは? と考えた。

それで試してみることにする。

USB LINK

片方だけに挿しただけでは何も起こらず、ノートPC とタブレットの両方に挿すと、青色LED が点灯し始めて、Smart Data Link が起動した。 バージョンは以下だった。

USB LINK

ノートPC のファイルをタブレットのエクスプローラー上にドラッグしてみる。 するとタブレット上でコピーのダイアログが表示された。

USB LINK

タブレットのエクスプローラー上にファイルが表示されている。 無事コピーされた様子。 同じようにタブレットからノートPC へのドラッグ(コピー)もできた。

USB LINK

どうせならファームも更新してみようと思い、『更新の確認』を実行する。 ケーブルの片方を外すと Smart Data Link が終了・起動しなかったりなどして、どうやって更新したら良いのか困ったが、なんとか更新できた。 最新は以下だった。

USB LINK

AREA LINK8 は、Windows10 ノートPC と Windows10 Venue タブレット で使うと以下のようになった。

  • マウスとキーボードは、ノートPC と タブレット間で移動できて使えた。
  • ノートPC からタブレットにコピー: コピーできた。
  • タブレットからにノートPCにコピー: コピーできた。
  • 更新が面倒?

とりあえず LINK8 を使ってみることにした。

しかしメーカーさんが保証するような使い方ではないでしょう。 現行品ではないし、どこにも Windows10 対応とは記されていないようだし。 新規で使うならもちろん Windows10 対応を選ぶべき。 それにこれからは USB3.0対応が多くなるでしょうし。

でも大きな問題がありました。 DELL Venue タブレットは、一つしかない USB ポートが充電も兼ねています。 ノートPC 側は AC アダプタがあるので問題ないが、タブレット側は電池が減る。 リンクケーブルのインターフェイスもバスパワーらしいので、更に減ってしまいそう。 タブレットは電源が別なものを選びたい。 古い Windows7 タブレットなんかは ACアダプター用ジャックが別にあるものが多かったけれど、今は大抵充電兼用なのかもなあ。

使った DELL Venue タブレットは 8 インチサイズですが、大きい画面にこしたことはなく、10インチくらいあると良いんだろうなあ。


(Amazon へのリンクです)

AREA エアリア LINK X(LINK10)

エアリア Link X USBリンクケーブル USB3.0対応 マウス キーボード共有 ファイル移動 SD-U3DLINK1-M

サンワサプライ KB-USB-LINK4

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB3.0リンクケーブル(Mac/Windows対応) KB-USB-LINK4

iBUFFALO BSKM203

iBUFFALO 1本のケーブルで2台のパソコンを自在に操れるパソコン自動切替器(マウス/キーボード) ブラック BSKM203


電源をつなげないと困っていたら、とっくの昔に便利な HUB が出ていました。それがこれです。

USB HUB BSH4AMB03

対応機種に限りがあるようで、Venue 8 Pro の一部には対応する様子。

箱を開けると黒いものが二つ。

USB HUB BSH4AMB03

HUB 本体と AC アダプター。

USB HUB BSH4AMB03

AC アダプターはアウトプット DC12V 2A で、プラグの中がプラス、外がマイナス。 普通、スマホやタブレットのアダプタというと DC5V くらいでしょうか。

USB HUB BSH4AMB03

説明書を読むと接続する順番が書かれていた。

USB HUB BSH4AMB03

まず HUB 本体に AC アダプターを挿して、インジケーターが点灯するのを確認する。

USB HUB BSH4AMB03

次にタブレット、Venue 8 Pro の USB ポートに挿す。 タブレットの USB ポートの横にある小さなインジケーターが白く光った。 充電中ということでしょうか。

USB HUB BSH4AMB03

タスクトレイのバッテリをチェックしてみると、充電中になっている!

USB HUB BSH4AMB03

USB リンクケーブル AREA LINK8 をつなげてみると、ちゃんと使えた。 使っている最中でも、タブレットはちゃんと充電中になっていた。

USB HUB BSH4AMB03

ついでに USB メモリも挿してみる。 ちゃんと認識してエクスプローラに表示された。

USB HUB BSH4AMB03

バッテリが切れるのを気にしないで使えるのは便利。 USB のポートも増やせるし、これは便利だなあと思いました。 これで好きなだけタブレットに入っている Office を使えます。

ただし、接続の順番を守らないといけないんでしょう。 つなげるときにも順番があるように外す時も順番がある。 ちゃんと説明書を読んどいて良かった。

この製品が登場したのは2、3年前らしい。 後から気が付いたが、BUFFALO DIRECT の通販ページでは、『BSH4AMB03BK/N(販売終了・後継品なし)』になっていた。


(Amazon へのリンクです)

iBUFFALO Nexus7(2013モデル)/Lenovo Miix 2 8/GALAXY Tab S 8.4/GALAXY note III/Venue 8 Pro用充電機能付きUSBハブ ブラック BSH4AMB03BK/N


前から USB を使いながらタブレットに給電・充電したいという話題はあったようです。 本来の使用方法が違う製品もありますが、レビューを見ると色々と工夫されているようで興味深いです。


(Amazon へのリンクです)

iBUFFALO スマートフォン/タブレット用 USB2.0ハブ(ACアダプター付) USB A変換アダプター付 BSH4AMB01BK

iBUFFALO スマートフォン/タブレット用 USB2.0ハブ(ACアダプター付) USB A変換アダプター付 BSH4AMB01BK

【2013年モデル】エレコム USBハブ 2.0対応 4ポート ACアダプタ付 microB-USB[A]変換アダプタ付 ブラック U2HS-S401SBK

SSA x TIMELY OTG HUB [ Miix2 8/Venue8PRO/nexus7(2013)等で給電(充電)とマウスやキーボード等を同時使用できるUSBハブ [ USB(A・メス)3ポート ] OTGHUB-3P-HO27

ルートアール 充電可能 4ポートスリムOTGハブ microUSBケーブル RUH-OTGU4 C


A8.net ネット特集

光回線

株式会社NEXT【auひかりサイト】

GMOインターネット株式会社【GMOとくとくBB】ドコモ光

株式会社アウンカンパニー【ソフトバンク光キャンペーン】

格安スマホ

ニフティ株式会社 ニフティのMVNOサービス【NifMo】

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 「OCN モバイル ONE」

モバイル通信

ヤフー株式会社 モバイルルーター【Yahoo! WiFi】

エクスコムグローバル株式会社【海外WiFiならイモトのWiFi】

ページトップに戻る

※本ページのイラスト・イメージは、プリントアウトファクトリー様 (http://www.printout.jp/) のクリップアートを使用しています。

Copyright(c) 有限会社 岡田電工 Okada Denko Ltd. All Rights Reserved.

HP開設 2003年
2017年4月